ソリューション

スマートロジスティックス、スマートエネルギー、スマートリテール、スマートファクトリーなどの分野で研究を深め、RISCアーキテクチャソリューションを専門とし、高効率、低消費電力、および広範囲でのIoTゲートウェイの基本アーキテクチャ設計、認可を提供します。 温度、ハードディスクレスなど、長期的な安定性およびその他の利点があります。;同時に、Amazon Web Services(AWS)テクノロジパートナーとして、Amazon FreeRTOSオペレーティングシステム、AWS IoT Greengrassソフトウェアを装備し、AWS AIと組み合わせてデバイスをよりスマートにすることができます。;さらにお客様のニーズに応じてカスタマイズされたサービスを提供し、ソフトウェアおよびハードウェアを整合、スマートなIoTエコシステムを構築します。

スマートエネルギー

RetronixのIoTゲートウェイソリューションは、さまざまな温度や環境で動作可能。-40°C〜85°Cの広い温度範囲で、データ保存および送信を同時におこない、遠隔地からデータを分析できます。日中の温度は40℃以上になり、深夜には0℃以下になる、日中と夜間の温度差が大きい太陽光発電所で使用されます。; また スマートスタンドは、充電スタンドの電力消費量を評価し、ピーク・オフピーク電力の需要を自動的に調整します。

分散式ソーラーエネルギースタンド管理

太陽熱利用地域は、ほとんどが遠隔地に散在しており、これまでは手動による検査によってのみ維持されていました。 管理効率を向上させるためには、センサを介して多くの機器のリアルタイムデータを収集し、発電所設備の送電、変換、および健全性状態を収集し、管理者の需要を満たすIoT(モノのインターネット)による遠隔操作が必要です。

繁雑な太陽光発電の基層設備を、IoTゲートウェイを介し、異なるメッセージインターフェースを備えたコンバイナーボックス、インバーター、ACキャビネット、電気メーター、および天気検出器を収集し、マルチプロトコルを変換してネットワークを介して配信します。 発電設備のデータはクラウドに収集されるため、管理者の遠隔管理に便利です。

電気自動車充電スタンド管理

低炭素都市を構築するというビジョンを実現するために、各国政府は徐々にガソリン車やディーゼル車の販売を禁止し、電気自動車の販売を促進。スマート電気スタンド、スマートエネルギーおよびその他のエネルギー効率向上サービスを積極的に構築しています。

電気自動車の充電スタンドは、大部分が分散しており、ネットワークに接続されていないため、状況を監視することは不可能でしたが、IoTゲートウェイを介することにより、各電気スタンドの使用量の収集が可能になりました。収集された関連データにより、スマートグリッドを配置。電力業者、電気自動車業者、及び消費者間で、ピーク・オフピークの電力を充電状況に応じて分配、すばやく利用可能な充電ポイントの検索をおこなえるようになります。

スマートリテール

無線ネットワークとスマートフォンの普及により、消費者の行動は劇的に変化しました。Retronixは、リテール市場でより革新的なIoTソリューションをご提供。在庫を正確に予測するお手伝いをします。リテール業では、モバイルデバイスとIoT(モノのインターネット技術)を運用し、チェーンストア内の商品の流通を監視; スマート自動販売機業では、一般的な商品の販売に加えて、オーディオ・ビデオの再生および顧客の動静監視技術で、消費者のニーズを満たすための、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

スマート自動販売機

これまでの自動販売機は、クローズドシステムであったのに対し、新しいタイプのスマート自動販売機はオープンプラットフォームで、さまざまな企業の製品や、ビデオ再生や顧客の動静監視などの機能を追加できます。

企業にとって、自動販売機がスマートになることにより、リモートで各販売機の販売状況を把握、タイムリーに商品の補充などができ、補充効率の改善、人的資源の節約をすることができるようになります。 さらに、ビデオおよびオーディオの再生、顧客の動静監視などのソリューションを追加することにより、マーケティングデータを収集し、イベント企画などに活用いただけます。

スマートデータベース管理

ショッピングモールや店舗には、既にビデオカメラ、キャッシュレジスター、無線周波数識別システム、マイクロポジショニング信号送信機..等のシステムがあります。

IoTゲートウェイは、IoT通信規格およびデータフォーマットを介して、I / Oインターフェース、異なるシステムの通信方法およびデータフォーマットを統合し、新旧のシステムおよびデバイスを接続し、データを交換、計算および表示。さらにクラウドアプリケーションを実行し、データストレージ、データストリーミング、および分析ツールを構築します。

スマートファクトリー

IT、産業用制御および通信を整合し工業革命4.0を加速させるため、RetronixのIoT Gatewayソリューションは、仮想現実を統合し、プラント機器とコントローラを仮想クラウドの世界に接続。産業用サイトでキャプチャした大量のデータをクラウドセンターにアップロードして分析、生産性を高めます。

製造設備稼働率を最適化

従来のプロセス管理では、機器の3色ランプを人により監視する方法がとられていました。 SCADAの3色ランプ看板が採用された場合でも、問題がおこるのを受動的に待つ方法が取られていました。

RetronixのIoTゲートウェイソリューションは、プロセスの省エネルギーと機器管理を実行し、エネルギー効率と歩留まりの向上を達成。人件費の検査コストを削減するだけでなく、大型機器の状態を遠隔で把握できます。 多くの機器を交換し、生産を停止する必要はなく、最短経路をたどり、インダストリー4.0の実現を加速することができます。

変圧器/配電/モーター/製氷機モニタリング

変圧器の異常は、プラントの電力運転、機器のモーターの故障によって引き起こされる機器のプロセス、および不均衡な電力によって引き起こされ、機器の故障をまねくなどの影響を与えます。

Retronix のIoTモニタリングプログラムでは、プラントの変圧器、電力、モーター、チラーなどの補助機器を接続して、多地点接地や自然時効データを随時監視でき、クラウドモニタリングを使用して傾向を予測し、障害の原因を正確に特定できます。これにより 事前に作業を計画、正確なメンテナンスをおこなえます。

スマートシティ

スマートシティに向け、RetronixのIoTゲートウェイソリューションを使用。スマート街灯から始めて、大気の品質監督、ネットワークカメラ、その他のセンサーと組み合わせて、気温や湿度、空気の品質、交通状況などを即座に監視できます。 また低電力広域伝送技術により、データ情報をバックエンドに送り、都市ビッグデータのデータベースを形成。将来の都市開発計画にとって重要な情報となります。

スマート街灯

現在の都市街灯のほとんどは、依然として検査やオーバーホールを実施するために定期的な人的資源を必要としています。IoT(モノのインターネット技術)を採用することにより、リアルタイムでデータを感知、街灯の状態を収集、街灯管理の保守などが可能になり、管理効率が改善されます。

RetronixのIoTゲートウェイは無線ネットワークへの接続を介し、センサー、カメラ、電子看板、ヘルプシステムなどの情報を取得。街灯管理ユニットで、より安全な道路環境とより便利なサービスを市民の皆様に提供するのに役立ちます。

IoTシステム整合


RetronixはRISCアーキテクチャを専門とし、Amazon Web Services(AWS)の認定を受けたテクノロジパートナーです。IoTシステムインテグレータのお客様は、独自で開発する必要はなく、Retronixの多様なソリューションを採用することにより、スマートエネルギー、 スマートリテール、スマートシティ、スマート輸送、スマートファクトリー等の分野での発展のお手伝いをいたします。